青柳 勢

お客様のことを一番に考えた「のめっこい」接客が魅力

青柳 勢

 昔から地元が好きなので、地域に根差した仕事がしたいと思っていました。青梅信用金庫を選んだ理由は、お客様のことを一番に考えた「のめっこい」姿勢です。一人のお客様の接客に充分時間をかけ、お客様を支店にお呼びするのではなく、職員の方からお客様のもとへ積極的に訪問するスタイルにも強く惹かれました。
 昨年の4月に河辺支店の配属になり、10月からエリア営業として外回りを担当。既存のお客様のご集金や資金運用などの相談から、新規のお客様への預金融資の提案まで、幅広い業務を担っています。経験が足りない分、まずはお客様のお話をしっかり聞くようにしています。世間話が中心ですが、話が盛り上がり、新規で口座を開いていただくこともあります。青梅信用金庫は、上司や先輩がどんなに忙しくても、しっかりとフォローしてくれる相談しやすい環境です。支店には毎日暖かい食事を食べられる食堂があり、みんなで交替して昼食をとっています。給仕スタッフに苦手な食材を伝えておくと、その献立だけ抜いて出してもらえたり、家庭的な雰囲気も魅力です。みんなで一緒に食べるごはんは、格別の美味しさです。

先輩との同行や勉強会などの教育制度も充実

 基本的に、外回りは一人で行っていますが、先輩の営業を勉強したいときには、「ぜひ同行させてください」とお願いして、先輩の営業に付いていくこともあります。みなさん経験豊富な方ばかりですので、学べることが多いです。また青梅信用金庫には、定期的に他店の先輩営業に同行できる制度もあり、私も活用しています。お客様に本題を切り出すタイミングがなかなかつかめずに、悪戦苦闘していたとき、同行させていただいた先輩のお客様へのアプローチはとても勉強になりました。
 この他にも、キャリアに応じて資格取得のスケジュールがしっかり組まれており、教育制度も充実。知識を深めるための融資や預金などの勉強会も豊富にあり、私のような文系出身者でも、着実に金融のスキルを身に付けることができました。
いま担当している河辺エリアでは、お取引のないご家庭を「あおしんです!」と訪問しても、きちんとお話を聞いてくださいます。あおしんの歴史とブランド力を実感する日々です。地元に根差した、この信頼の絆を絶やさぬように、先輩から教わったあおしんのDNAをしっかりと引き継いで広めていきたい。その決意を新たに、今日も営業に向かいます。

青柳 勢
pick up works
お客様対応

 担当しているお客様は、ほとんどが個人の方です。ご高齢の方も多く、お孫さんの話もよく出てきます。私は学生時代に地元のフィットネスクラブでアルバイトをしていたのですが、あるお客様とお話していると、そこで私が体操を教えていたお子さんのお祖母様だということが判明し、お客様との距離がぐっと近くなったことがあります。それから新規で積立をご契約いただいたりして、今でも親しくさせていただいています。こうした出会いがあるのが、地域に根差したあおしんの特長だと思います。

青柳 勢