樋口 彩香

お客様や若手職員の力になりたい

樋口 彩香

 入庫して最初は、支店の窓口係として、預金の手続きなどを行っていました。2年目には、来店される個人のお客様のニーズに合わせて、投資信託や保険などの金融商品を提案するMA(マネー・アドバイザー)に抜擢。そこで、いちから投資信託などを学び、販売リーダー的な役割を担いました。
 平成30年4月には、実践的な資産運用の提案セールスを通じて、スペシャリストを育成するAFA(エリア・ファンド・アドバイザー)制度がスタート。その1期生の一人に選ばれました。
 今では主に3つの業務に携わっています。1つ目は、担当支店へ出向いて営業に同行し、お客様である企業のオーナーや社長への投資信託の提案や、資産状況に合わせた情報の提供です。2つ目は、若手のMAや女性営業向けの勉強会の開催。投資信託を扱うのが初めてという方も多いので、基礎知識などを分かりやすく伝えるようにしています。3つ目は、企業向けの資産運用セミナーの実施です。企業の従業員向けに投資信託などについて基礎から学べる講座を、AFAの先輩職員と一緒に行っています。
 業務は多岐にわたりますが、お客様はもちろん支店の営業や若手MAの力になれたときは、嬉しいですね。定期的に担当エリアのいずれかの支店に行くので、知り合いの支店長や職員が増え、刺激になります。さらに現場のいろいろな情報も教えていただき、知見が増え、とても参考になります。

アプローチ次第で、お客様の満足度をさらに高められる

 AFAになって、自分の意識や行動も大きく変わったと思います。ひと回り成長できたような感覚です。MAの頃は当金庫内の勉強会で知識を習得するくらいでしたが、AFAになってからは、投資信託の運用会社に訪れて、運用している人に直接話を聞けたりして学べる機会も増えました。それによって、運用会社の声を織り交ぜながら、市場の動向なども話せるようになり、お客様にも説得力をもって提案できるようになってきました。
 また世間話などから入ってお客様のニーズを捉えることも、MAの時よりできるようになったと感じています。さまざまなお客様と直接話してみると、まだまだ投資信託の商品メリットをご存知ない方も多いので、こちらからのアプローチ次第で、お客様の満足度をさらに高めていえると考えています。
 あおしんの強みは、お客様と密に接して、しっかりサポートできる所です。入庫3年目で、お客様の多様なニーズに応えるためには、もっと経験を重ね、知識を習得していく必要があります。当金庫が扱っている商品だけでなく、株やFXなどの投資商品についても勉強し、総合的な視点から提案できるようになって、お客様から頼りにされる存在になりたいですね。

樋口 彩香
pick up works
お客様対応

 定期預金を解約されたお客様に提案をするのが苦手でした。そこで、世間話から入って今のお悩みを聞くことから始めました。解約手続き中のお客様にアプローチしたところ、「娘の学費が想像以上に大変」「まだ下の娘の受験を控えている」などのニーズをつかむことができました。そこから、お客様が将来必要になるお金を提示して、定期積金との違いを伝えながら投資信託のプランを提案してみると、必要性を感じていただけました。お客様へのアプローチを変えることで、お客様の意識も変えられるということを初めて知りました。

樋口 彩香