豊島屋酒造の歴史

江戸時代「酒屋」「居酒屋」からスタート

創業慶長元年(1596年)、徳川家康が江戸に入った時期、神田・鎌倉河岸(現在の神田橋付近)で、初代豊島屋十右衛門(としまやじゅうえもん)が江戸城の大改修で集まった多くの職人さんなどを対象に、酒屋兼一杯飲み屋としてスタートしたのが『豊島屋』の始まりです。

初代豊島屋十右衛門の活躍で大繁盛

初代豊島屋十右衛門は大変なアイデアマンで、関西から船で運ばれてくる「下り酒」をどこよりも安く提供。酒の肴として、特別大きな田楽も破格の値段で販売して大評判となりました。さらに酒が空いた酒樽を、酢屋→醤油屋→味噌屋と回すリサイクル方式を考えだしました。使い込まれた樽は目がつんで100年でも使用できたそうです。この酒樽転売により多大な利益を得られたので、一杯飲み屋の方では低価格販売が可能だったそうです。徹底した薄利多売という企業努力によりお店は大繁盛し、転売用の空き酒樽もまたたくさん得られ、好循環が生まれました。こうした経営により幕府勘定方から御用商人に取り立てられ、江戸商人十傑にも数えられました。

桃の節句の『白酒』も十右衛門のアイデア

ひな祭りに白酒を飲む風習は豊島屋が発祥です。「白酒」を開発して桃の節句の前に売り出したところ、これも大ヒット。「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるまでになりました。江戸の庶民が「白酒」を買い求めて豊島屋酒店に押し寄せている当時の様子が、長谷川雪旦の『江戸名所図会』「鎌倉町豊島屋酒店白酒を商ふ図」に描かれています。

明治〜昭和 清酒「金婚正宗」誕生

江戸時代は豊島屋の酒造はもっぱら「白酒」のみでしたが、明治後期に大正天皇ご成婚に際して清酒「金婚」を製造しました。しかし酒蔵が灘にあったので、昭和の初期に、地理的条件も良く、上質な水が得られる東村山に醸造元として酒蔵を設け移転しました。

昭和〜現在 都内飲食店の調味料(隠し味)としても定番

取引先に日本そば屋さんが多いため、酒類の他に醤油、味醂の販売は、東京に於いて最大手の一つ 。初代豊島屋十右衛門の精神は、会社の行動指針として掲げる「不易流行」に現れています。

*不易流行:「不易」は永遠に変わらない、伝統や芸術の精神。「流行」は新しみを求めて時代とともに変化するもの。相反するようにみえる流行と不易も、ともに風雅に根ざす根源は実は同じであるとする考え。
photo